君が私をダメにする

私たちが犠牲にするのは婚期だけなんだ!

真剣乱舞祭2017に行ってきた

f:id:chuchumenpan:20180106201844j:plain

今年もらぶフェスにいってきました!

公演数は去年の6公演から9公演に増え、今年も6公演はいけたらいいなと思っていたけど、予定が合わず今年は3公演。12/8初日の武道館と12/20たまアリ昼夜。

まだ2回目だけれど、もう毎年これがないと一年終われないんじゃないかと思うくらい、今年もすごく楽しかった。

なにがいつの回の出来事だったのか覚えていない部分も多いのですが、覚えていることをポツポツと残します。

 

・村正の曲

そこでそうアレンジしてくるのかという驚きと二人の歌唱力の高さ。素晴らしかった。でも初日に聞いたときはとにかく笑った。

・新曲(獣道?)

まさかの炎曲!!!お金のかかる演出やってくれてテンション上がった〜〜!!炎すき・・・決めどころを大倶利伽羅さんに全て集めていて曲の雰囲気とマッチ度が高くとてもよかった。「己に牙を剥け!」の大倶利伽羅さんのドアップが最高に顔面やばくてあの瞬間間違いなく女性ホルモンが活性化されました。早く配信してください。

・だきしめたいから始まる曲

つはもので初めて聞いたときから大好きになった曲です。つはものの公演が残っている関係でらぶフェスには入らないのではと思っていたので、大歓喜でした。来年らぶフェス2018があるのでしたらぜひ全員で歌うナンバーにしてください。1月に再度つはものの観劇予定があるので、抱きしめたい用うちわを作っています。「抱」がえろくならないようなフォントを選ぶのをがんばりました。

f:id:chuchumenpan:20180106145828j:plain

mistake

源氏兄弟をバックダンサーのように扱うなんて!!と当初は思っていたのですが、二人のダンスがキレッキレで素晴らしかった。二人とも運動神経抜群。アクロバット系兄弟で、今までにいなかったタイプ。らぶフェスでなければ成し得なかったコラボは作品を超えてどんどんしてほしい。

・サヨナラ

今回は三条、幕末、みほとせと、各公演のキャストがそこそこ揃っていたので、ここでまさかのシャッフルがきて、すっごく興奮した。石切丸と兼さんの組み合わせは何か意味があったのかな??ペンラカラーが緑組ということなのかな??でもなんかこの曲に兼さんっていうのはグッとくる。

・美しい悲劇

曲が始まった瞬間、私も私の周りも「えっ?!どこの誰?!誰と誰?!」って感じだった。天狼傳の時はシャッフルだったし、らぶフェス2016の時は清光と堀川だったし、サヨナラもシャッフルされたばかりだったから!!!この二人で歌ったのは、プレミアム会員限定ライブのタカラモノ以来かな?もう見れないと思っていた赤と青のステージに釘付けだった。

・えおえおあ

全員内番衣装ーーー!!!はっちが動きずらそうすぎて(笑)あとこの曲は大倶利伽羅がやばい。「魔法の〜言葉を響かせよう〜」のとこはキビキビ踊っているのに「えおえおあ♪えおえおあ♪」のとこはほぼやらない。でもたまにちっちゃくやる。めんどくさそうにしてる。それがもう猛烈に可愛すぎて。目が離せなかった。確かにあの顔面でえおえおあやられたら死ぬけど!!!(※客降りについては後ほど)

 

とりあえず楽曲の感想だけを書いたのだけど、今回はセンターステージでもなかったのに昨年以上に出演が増えているからとにかく目が足りない。一人を定点しようにも少し目を話すと行方不明。もうお願いだからセンターステージにしてくれ・・・東京ドームでもいいから。トロッコ乗って会いにきてよ。いや、馬に乗って会場を駆け巡ってくれよ。

 

去年は清光がほしい三条たちの戯れって感じだったけど、今年はどんな趣旨でくるのかなと思ったら、真冬の100物語。逆に体が温まるんじゃないかという青江の発想だったけど、ライブパートに行くまでは、各刀剣の逸話に乗っ取って物語を進めていて、それがうまかったなあ。最初の相槌の話とか、存在そのものが不思議な妖刀村正のお話。刀というのはとても汎用性が高いなーとなんとなく感心してしまった。

でも最後石切丸が青江に100話目を話させなかったのは、100話目で怪が現れたとしたらそれを斬るのはきっと幽霊を斬ったとされる青江であって、その責任みたいなものを青江1人に押し付けたくないと思った石切丸に優しさなのかな〜とか考えていたらぐっときた。みほとせで救われた石切丸が今度は青江を気遣っていたようにみえたんですよね。 

 

客降り▼

今回は客降りは武道館では2曲、たまアリでは3曲。

武道館では最後列から二列目というなかなかな座席だったため、あんまり来ないだろうなあとうちわを持っていかなかったんですよね。でもね、油断したときに推しはやってくる。しかも、ちゃんとうちわやタオルの色で自担を識別しようとしてる。やっちまったよ。 なるべくいっぱいまわりたいから早々と過ぎ去っていかれることも多いのに、推しはわたしが座っていたブロックのほうを眺めてくれました。かわいかった。見下ろしたら推し。いつも見上げてばかりの彼が下からこちらを見ていたんですよね。うちわ持っていけばよかった。もう彼が過ぎ去ったあとはそればっかり思ってました。

たまアリでは200レベルとアリーナ10列以内という座席。200レベルのほうがいろんな人を見られました。いっぱい来すぎて覚えていないけど。友人は紫ピンクのような洋服を着ていたので、側にきた岩融が自担かなあ?という感じで様子をうかがわれたそうです。(友人は村正推し

アリーナのときは近くに青江と小狐丸がきました。でもステージに推しがいたので、どっちをみたらいいかわからずキョロキョロしてた。友人曰く小狐丸のあばらやばかったらしいです「ほね!!!」って言ってましたw聞こえちゃうw

 

新作公演について▼

来春の新作公演嬉しい。でもどこか心弾まないのは、これまで刀ミュを牽引してきたTeam三条with加州清光のメンバーが誰1人として出演しないからなんですよね。きっと。わたしにとってTeam三条with加州清光は刀ミュの中で唯一無二なんです。とか言いながらこれまで2.5次元にははまらずに生きてきたので、トライアルを円盤でみてから阿津賀志山を見にいったんですけど。それでも彼らと出会ってわたしの日常は変わったと言っても過言じゃないんです。毎日楽しくなって、観劇に行きたいからお仕事頑張ろうとかポジティブな思考になりました。そんなキラキラを与えてくれた彼らが出ないのはちょっぴり寂しいのです。

それと、新作公演発表に伴うキャスト発表は後日でもよかったのではないかと思った。再び小越勇輝くんの堀川と会える日を夢に見ていた友人たちはうにゃうにゃ泣いてた。千秋楽なのに、らぶフェス楽しかったというより感想より最後にキャス変という爆弾を落とされて帰路についたんですよね。キャス変が悪いのではなく(いろんな事情により仕方がないという意味で)今回のような場合は発表のタイミングを精査してほしかった。(という旨はもちろんアンケにも書きました。)

わたし阪本奨悟くんの堀川も楽しみなんですよね。夏に、ライブインパク進撃の巨人で三浦宏規くんと阪本奨悟くんを観るはずだったのが、事故で中止になってしまっていつ見られるかなーと思っていたら2人とも刀ミュにきてくれて。俳優が気になるから舞台見に行くとかってわたしはあんまりしないので、こんなことってあるんだーってちょっと喜びすらしたんだけど、もしこれが推しのキャス変だったら次の日仕事いけないくらい泣いてるなって。

あと後日Twitterで見かけた、キャストがカテコのために舞台袖に待機していたて話。ほんとだとしたらキャストに大変申し訳ないことをした。何回も何回もカテコで引きづり出すの正直いやだ。休んでもらいたい。でも国内千秋楽という時に、カテコの準備してないわけないじゃないか。

三日月、千秋楽の挨拶のときだけなんで「また必ず会おう」って言ってくれないのかなあって思ってたんだ。そのときは国内千秋楽だから、確かにすぐには会えないしなーって自己完結してた。でも今考えたら、カテコのとき言おうって、三日月、その台詞をとっておいたんだよなあ。ほんとごめん。ステージというのはその瞬間しかない。呼び戻せなかったあの日のカテコはもう戻ってこない。

あの日、会場全体が様々感情が渦巻いてた。推しの出陣が決まって歓喜の涙を流している人、キャス変に寂しさと切なさの涙を流している人。そんな中でもカテコの拍手しなきゃいけなかったのは私たちだけど、会場全体もう一度カテコしようなんて雰囲気じゃなかったのも事実。もう今後の教訓にするくらいしかできません。愚かな審神者を許してください。

 

わたしが感想を書くと、この人のここがやばかったみたいなことあんまり書けなくて、楽しかった気持ちはありつつ、記憶が上書きされていくので、ツイッターでみかけた素晴らしいレポを貼っておきます。

 

そういえば幕末組が出てきたときに、

「加州はこないだ会場を一面(ペンラで)真っ赤に染めてたじゃないか」

「あっみんなきてたでしょー!!」

(顔を見合わせてから)

「「「いいえ」」」

の流れは最高だった。収録されますように!!

 

うす塩対応ごときが許せなかった話。

※ただのぐち。というか私も疲れていただけ。

 

先日某俳優のファンミに行ってきた。

行こうか行くまいか迷っていたが、ギリギリでチケット取得。

迷っている時点でやめておけばよかったと今なら思う。

 

前日に会社の忘年会もあったため二部に行った。

ステージ上の彼は、ゲストや顔馴染みのMCの方がいるからかリラックスしているようで、和やかでポジティブで笑顔が素敵な彼だった。

 

最後、本人が握手でお見送りというファンミあるあるの構成。

数日予定が詰まっていて、早く帰りたいと思っていたが、最後列だったので一番最初に帰れると思っていた。

しかし、まさかの最前列からの案内だった。

この時点で、ちょっとしんどいって思っていた。

 

1時間ほど待ち、いざ自分の順番になって、何かちゃんと「会話」がしたくて順番待ちの間考えていたことを話した。

彼からの返答は「ありがとうございます」のみ。

表情もずっとみていたけれど、あれは疲労が溜まっている顔だった。

 

なんか涙が溢れた。

 

「この握手の時間が明らかに彼の負担になっている」と瞬間的に悟ったんだとおもう。

握手やチェキがあったら嬉しいけれど、それが負担になるようならやってくれなくて構わない。

むしろ疲れている中、無理にファンミしてくれなくていい。

だって俳優自身も楽しんでくれないとファンミなんて意味がない。

相乗効果なんて生まれないもの。

 

個人的にファンミに行くときはもうデートのような気分なの。

 

美容院に行って、ネイルして、服も新調したり、オシャレに気を使って。

人によってはそのためだけに東京にきていたり、自分にかけるお金や彼に落ちるお金以外にもたくさんお金をかけてる人もいる。

話すときにパニックにならないように頭の中で練習する人もいるでしょう。

そんなとき、一瞬おしゃべりできるその時にかえってきた言葉が「ありがとうございます」のみ。

 

前回彼のファンミに行ったときのほうがまだ満足感があった。

私が切り出した会話に対して少なくとも、自分の言葉で返答してくれて「会話」をしてくれた。

ロボットみたいに決められた「ありがとうございます」の言葉だけを望んでいるわけではない。

その一瞬だけはそれはもう友人のように話せないかなって淡い期待を持っているものじゃない?

 

でも気づいたんだよね。

 

ファンというのは見返りを求めちゃいけないね?

求めていいものはいい演技をすることくらいしかないよね?

 

それなのにもっとフレンドリーに接して欲しかったとか思うべきではないのかも。

もっとこうして欲しかったなんて思い始めたら終わりだよ。

もっというと私はここまでしてあげたのに、とかは一番やばい。

頭ではわかっていてもふつふつとそういう感情で昨日はいっぱいになった。

 他の俳優だって二部や三部のイベントこなしてるのに、体力ないなあ。サービス精神ないなあって。

 

私自身も接客やってるから初対面の人への接し方下手だなって思っちゃうのかな?

生意気だけど。

会話ってやっぱりキャッチボールが大事なんだよね。一方だけ投げ続けてもだめだし、投げられたほうも返す努力はしなきゃいけない。

 

疲れてる時に推しにあって元気もらうはずが、もっと疲れて帰宅しました。

自分の気持ちに正直に行動しているつもりだったけど、心のどこかで「席が空いたらかわいそう」って思ってたのかも。

そういうのはもうやめるべきですね。

 

 

加州清光単騎出陣2017について

2017/10/05の初日と10/7土曜日の昼公演を観に行って、千秋楽は配信でみました。当たり前だけど目が足りるんです。やばい。こんな素敵な公演、自分でやりたいっていってくれてありがとう。

その代わりチケットはほんっっっとに取れなかった。人気あるとは知っていたけど、最悪千秋楽の配信しか見られないんじゃないかと諦めモードだったので会場に行けてよかったです。そして改めて別格で大好き!ってなって帰ってきました。

もう何から書いていいのかわからないし、初日と10/7と千秋楽でお話飛ぶと思いますが感じたことをつらつら残します。

 

◎オープニング

登場シーンは足を組んで椅子に座っている清光とその周りに侍らせているダンサー陣が絵になってるサマになってるという状況。そんな中オープニングの曲はジャズちっくな解けない魔法。手袋を口で外したところをみたときは言葉にできなかった。セクシー。一気に会場のボルテージが上がったのがわかった。(ただし千秋楽配信のときカメラが引きで撮ったのは一生根に持ちます)

 

◎美しい悲劇

ダンサーさんたちが曲の中盤で清光に目隠しをし、縄で縛るという演出があったのですが普通にびっくりした。わたしたちは一体推しのなにを見せられたのか。

一緒にいったEにゃんは終演後「あんなSMちっくなことやるなら電気椅子とか出してもっとちゃんと縛ってがっつりSMやってほしかったですよね~」とかわけわかんないこといってたけど、わたしたちは一体推しのなにを見せられているのか理解できなかった。(二回目)

少し気になったのは目隠しの透かし?がどのくらいなのかなっておもってたけど、1階席で観劇できたときちゃんと薄い生地なのがわかったので安心しました。まだ一週間あるのにって、少しハラハラしてた。

 

◎見つめてくれるなら

本日0時より早速配信されるこの楽曲、審神者Pわたしたちの熱冷めさせる気がなくて笑っちゃうよね。もちろん予約済み。

 この曲、千秋楽後の佐藤さんのコメントでもあったように、とても清光らしい曲だと思う。アップテンポのダンスナンバー、でもちょっぴり切ない雰囲気を醸し出してる・・・にも関わらず歌っている本人はとても単騎出陣を楽しんでいるような。ずっとニコニコしながら歌って踊るもんだからこっちまで笑顔になりました。so cute。

清光の曲ってこういうの多い気がする。解けない魔法もそうなんだけど、時が止まってほしいみたいな言い回しよくしてる割には、最後には未来に向かってポジティブに進んでいるんだよね。そんな生き方の君がすきだ。そんな君だからこそすきだ!!!!

 

◎Dear You 

二回目、1階席センブロ下手の通路近くを引き当てていたのだけどこの曲のときにこちら側に降りてくることを知っていたので、もう心臓が飛び出そうだった。会場内の飲み物売ってるところにお酒の提供もあった気がしたから本気で一杯ひっかけようかとおもったくらい。

降りてきてから清光は自分の列の少し後ろで止まって歌っていたのだけど、しっかりお顔を見るには少し振り返らなければいけなくて、近くで見るともうなんかすきすぎて恥ずかしくなってきてしまうのでいつも目をそらしてしまうわたしの状況を知っている友人のYちゃんから「近くにきたらガン見してきなよ!!!!!!」とのお達しを受けていたので意を決して振り返ってみたんだけど汗びっしょりでも美しすぎて、やっぱり恥ずかしくなってきちゃって・・・やっぱり目をそらしちゃいました。(え、あの眼光に耐えられる人います??)

でもそのときに彼が手を広げたから手をみていたのだけど、2月に佐藤さんの写真集のお渡し会イベントで握手をすることを思い出したらその手さえ見ていられなくてなんかもういろいろ無理だったんですけど伝わりますかね??????全然かわいらしい華奢な手してないんです。いがいに全体的に骨太でアアアアアアすきってなった。

このDear Youって曲は初めて聞いた時から大好きでCDまだかなまだかなってずっと視聴で聴いてた曲なんですよね。あと詞がすごくすきで、東京に上京してからの一年は常に刀ミュと共にあったなあ、ほんと幸せだったなあ、初期から応援させてもらって、元気もらってありがとうっておもったら泣けてきてしまって。今回の単騎出陣は思い出す必要もないくらい覚えていることでしょう。

ちなみに、清光が出演するときには必ず持っていくうちわを今回も持ってきていたので、ステージ上にいるときからずっと出していたけど近くにきたときもスルーされた!イエス!いつも通り!

 

◎漢道

ファンの間ではポスターに太鼓指導があるから絶対漢道やりますね!!!!!って盛り上がってはいたのだけど、太鼓叩くのがまさかの清光本人で最高にテンションがあがった!!!!!上手いし!!!!!彼そういえばドラムしてたっけ??っていうのもあって勘所は良さそう。第三形態の衣装から覗く腕の筋肉がとてもきれいだし力強い太鼓のパフォーマンスに酔いしれましたありがとうございます。ちなみに間奏のアイテムは安定の縄でした。ありがとうございます。

 

◎アモーレ(仮)

でできた瞬間ついに女装させちゃったかと思った。しばらく見てたらもうどこかのマダムとホテルのベルマン(ダンサーさん)にしか見えなくなってきた。

そしてサビがものすごい頭に残る。英語わかんないみたいな雰囲気出してたくせにイタリア語まで話し始めた推し

赤いひらひらの手袋を外したとき初日は後ろに投げてたらしいんだけどそのあとが大変みたいで(ダンサーさんが拾いに行ってた)次観たときは最高段のとこに割とちゃんと置いてた。かわいい。YDK。

 

◎解けない魔法

まさか最初のジャズアレンジだけで終わるとは思ってなかったけど、ラストソングはこれしかないですね。

千秋楽の最初の「飛び立とう」がわたしが聞いた飛び立とう至上最高に言い方がすきだった。ディレイ配信、アーカイブ配信でぜひ注意してきいてみてほしい。

あとなんかもう昨年らぶフェス行きすぎたせいか、清光が乗った椅子は全部回るんじゃないかって思ってるんだけど今回の椅子は回らなかった。すっごくどうでもいいんだけどw

仮面を椅子において退場するときに落ちてくる赤い薔薇(に見立てた紙吹雪かな?)がとてもきれいで最初から最後まで赤一色なステージだった。

 

▼その他

◎衣装

今回の衣装も第三形態衣装が素晴らしい。前からみたらちょっとゆるいシルエットに見えたのでまた幕末ぽい感じのデザインかな?っておもったのだけど、後ろはピタッとしたシルエットにセクシーなVラインの切り込み。覗く肩甲骨。最高です。さらに後ろだけ裾が逆Vの作りという・・・これは新しいのきたな・・・ってなった。らぶフェスも楽しみです。

 

◎お花

今回推しのソロライブということで私もお花出したいなーとか考えてたの。でもお花は関係者からのみで、仕事の絡みとか版権元とかそんなのからしかこないんだろうなーっておもってたらteam三条とteam新撰組with蜂須賀から!!!!!これはアリなんだ!!!!!笑

どっちのお花も超素敵。個人的にteam三条が縦書きなのも最高にgood。

f:id:chuchumenpan:20171015202406j:plain

 

 

◎単騎出陣

初め公演時間が80分ってしったとき、わたしはたった80分しか見られないのかって思った。でもね、幕が上がったらとっても盛りだくさんでずっと踊りっぱなし歌いっぱなしの80分でわたしはこれ以上なにを望んだんだろうね。こんなにもカッコよくてセクシーで世界一可愛いわたしの近侍、加州清光がいる世界観を肌で感じられたのに。いま見せられるすべて詰め込んだような単騎出陣でした!お疲れさまでした!誉ぽんっ♡